フォアハンドスローとは?用語の意味を解説|アルティメット辞書

用語集

フォアハンドスローとは?

フォアハンドスローとは、アルティメットにおいてオーソドックスな投げ方の1つで、ディスクを持つ側の方向からのスローのことを言います。

バックハンドスローとともによく使われるスローで、手首のスナップを利かせ、ディスクを投げることが重要となります。

フォアハンドスローに関するよくある質問

ここからは、以下のフォアハンドスローに関するよくある質問について回答します。

  • フォアハンドスローとサイドハンドスローって違う?
  • フォアハンドスローをうまく投げるには?

フォアハンドスローとサイドハンドスローって違う?

フォアハンドスローとサイドハンドスローは同じ意味だと捉えて良いでしょう。なぜなら、フォアハンドスローは異なる呼び名たくさんあるからです。具体的に以下の呼び名があります。

  • サイドハンドスロー
  • フォアハンドスロー
  • サイドアームスロー
  • サイドハンド
  • フォアハンド
  • サイドスロー
  • フォア
  • サイド

実際にアルティメットの試合や練習で使うときは「フォア」「サイド」で意味が通じるため、頻繁に使われている語であると言えます。

一方で、用語としてきちんと説明するときは「フォアハンドスロー」「サイドアームスロー」などが使われています。

フォアハンドスローをうまく投げるには?

フォアハンドスローをうまく投げるには、握り方や力の入れ方についてのコツを掴む必要があります。

フォアハンドスローをうまく投げる方法について詳しく知りたい人は「【アルティメット】フォアハンドスローの投げ方のコツとポイント!」も読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました